プラチナ以外も検討してみよう

婚約指輪を選ぶ際、どうも「ダイヤモンド」ばかりが注目されがちですが、

やっぱり地金の素材をどうするかということも非常に重要な問題です。

婚約指輪の大定番といえば「ソリティアのダイヤモンド」。

そしてこのリングに用いられる素材といえば「プラチナ」ですね。

やはり一粒ダイヤの美しさを際だたせるのはプラチナの白い輝きでしょう。

ダイヤの無色透明の輝きと呼応し、繊細かつ純真な美しさを演出してくれます。

また、プラチナは腐食や変形に強い素材としても知られ、

永遠の愛の証でもある婚約指輪の素材としてはまさに最適です。

もし、これといって婚約指輪の素材にこだわりがないのであれば、

最初からプラチナを選べば全く失敗はないはずです。

日本では婚約指輪イコール「プラチナ」という印象も強いですが、

海外に目を向けると実は「ゴールド」の方が主流だったりします。

昔から欧米ではイエローゴールドは縁起の良い素材として愛されてきました。

その伝統は今も変わらず、ゴールドを婚約指輪に用いるケースは決して少なくありません。

また近年では、イエローゴールド意外にもピンクやホワイトなど、

様々なカラーバリエーションを持ったゴールドが人気を博しており、

国内においても個性重視の人の場合あえてゴールドを選ぶケースも増えています。

とくにピンクゴールドは日本人の肌の色に似合う素材として人気が高いようです。

婚約指輪もオリジナリティーを重視したいということであれば、

プラチナ以外の素材をぜひとも検討してみるとよいでしょう。

Comments are disabled