どうして左手薬指にはめるのか?

婚約指輪も結婚指輪も普通の指輪と異なり、

指にはめる時には必ず「左手の薬指」という決まりがあります。

あまりにも当然のことすぎて、そもそもどうして左手の薬指なのか?

疑問に感じたことが有るという人も少ないようですが、

当然ながらこれにはれっきとした理由が存在します。

古代ギリシャ時代、左の手の薬指には心臓と繋がる太い血管が通っていると考えられていました。

そして、心臓が「心」や「愛」を意味するのは古代ギリシャ時代も現代も同じことで、

恋人同士がお互いの左手薬指に「永遠」を意味するリングをはめることは、

お互いの「心」と「愛」が永遠に繋がり続けるという意味を込めていたのです。

つまり左手薬指に指輪をすることは一生を共にするという誓いなんですね。

とまぁ、これは左手薬指に婚約指輪をはめる理由の一説にすぎません。

現実問題として、左手薬指は日常の動作で使うことも少ない指なので、

つねに指輪を着けていても日常生活に支障が少ないという意味もあるかもしれません。

でも、あまりそう現実的に物事を考えるのも面白く無いですよね(笑)。

他にも、左手薬指には「愛情と絆を深める」という意味合いが昔からあり、

ここに愛する人と同じリングをはめるということは、

即ちお互いの愛と絆を永遠に約束するという意味もあるようです。

とまれ、左手薬指に指輪に結婚指輪・婚約指輪をしていると決まっていれば、

一目瞭然でその人が未婚か既婚かもわかりますから、便利と言えば便利ですよね。

なんせ、自分の恋人が他の誰かに取られる心配が減りますから。

Comments are disabled