予算を張り切り過ぎないように

婚約指輪は婚約が決まったら男性が女性に贈るものです。

一般的に婚約指輪というとダイヤがついた指輪が定番ですが、

やはり男性としては「婚約指輪の相場はいくらくらないの?」と気になりますよね。

ダイヤの指輪は当然ながら決して安いものではありません。

結婚する上では、婚約指輪意外にも結婚指輪も購入するわけですから、

かさむ出費の中でなんとか安く済ませたいと思ってしまうのも仕方ないでしょう。

その昔は「婚約指輪は男性の月給の三ヶ月分」なんて言われていました。

初任給20万円としても、なんと60万円です!物凄い値段ですね。

さすがに現代のカップルでこの言葉を鵜呑みにする人はいないようで、

みなさん自分たちの予算内で婚約指輪も検討しているようです。

具体的な数字はと言うと、おおよそ20万円から50万円ほど、

この辺りの価格帯が現代の一般的な婚約指輪の価格のようです。

正直な話、20万円でもまだまだ高額と思う方も多いでしょう。

それゆえ近年では10万円代でも十分に質の高い婚約指輪を購入することはできます。

婚約指輪に付いている宝石にしても昔のようにダイヤ一辺倒ではなく、

最近では誕生石をあえて選んで購入する人も増えているようです。

実は海外では昔から婚約指輪に誕生石を用いることは非常に人気が高く、

ここ日本でもようやく質実剛健な考え方が定着してきたということでしょう。

結婚をするには本当に様々な出費が重なるものです。

婚約指輪で張り切りすぎると新生活に支障をきたすことにもなりかねません。

くれぐれも今後のことを考えた上での予算設計を心がけましょう。

関連ページ ≫ 【http://allabout.co.jp/gm/gc/448669/

Comments are disabled